独自目線で応援するぱんだのA.B.C-Z溺愛BLOG♪
祝☆2/1 A.B.C-Z DVD Debut!!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- / / - / -
誇り
今、うちのこの6ヶ月検診にきてます。

かわいいかわいい、うちの息子は、今、頭開けられて、検診中。

何もないこと願います。





そして中をあけられると恥ずかしいので、シャララのCDだけ、抜いてきました。

タッキー、あのジャケットはさすがに乗せたままは恥ずかしい。笑







さてさて、待ってる間暇なので、久々に、語りたいな…と。





色々とあって、書きかけたまま、時間すぎてすっかり遅くなりました。





長々たらたらかいてますし、A.B.C-Z関係ない話なんで、暇な方だけ読んで下さいね。











しっかしソフトバンクの携帯ショップの店員さんの接客対応…

というか、どこの携帯ショップでも思う事ですが。

不親切すぎる。



昔はそんなことなかったと思うんだけど…。

忙しいのは分かるけど、ちょっと酷いよ…。





と、愚痴ってみる。



あたしじゃなくて姉の携帯だけどさ。




自分が20代の年月を、善だと信じて大事に守っていたものを悪だと言われ、悪だと信じて忌み嫌っていたことを善だと言われ、あたしが約8年信じて走ってきた年月を完全否定されたことがあった。

それ以来、自分の善悪の区別がわからなくて、自分自身よくわからなくて自信喪失というのが一番正しいのかもしれない。

その人その人の正義があるから、正しい答えなんてないわけだけど。

最近、一つの小さな事に関して、哲学的に色々と考えてしまう事が多い。









先日、独り暮らしの友人が、(彼女は、自炊に拘っていて、飲む時以外で滅多なことでは一人で外食をしないこなんですが)仕事で完全に疲れきって、食事の用意する気力なくて、いきつけの飲み屋に晩御飯を食べに行ったら、お代はいらないからとメニューにはない裏メニューを出してくれて凄く癒されたと言う話をきいて…



そういや、昔、ヤケ酒しに入った飲み屋で、カウンターで飲んでた時、隣に座ってる人と話をしながらも、あたしにはただ、何も言わず何も聞かず、ただ空いたお猪口に日本酒を絶妙のタイミングで注いでくれた、お兄ちゃんの優しさにジンっときた時を思い出した。



飲み屋をしてる人って、安くて、美味しい酒を呑ますというだけじゃなくて、そういう事も含めてのその人が求める空間づくりも大切にしてるのかもしれない。



きっと疲れきった時の癒しの場所としてそこを選んでくれた事が大将としては嬉しい事だし、サービスとしてだけじゃなく、人間としてもてなしてくれてるんだろうな。



ん〜、文章にすると難しいな。上手く伝わるだろうか…。





そして、それはジャニーズのファンサにも繋がるなとも思った。

なんでも戸塚さんやタレントに繋げてしまう自分が情けないけど。



タレントでいう一生懸命、上に上がること、芸を磨くこと、ファンを集めることが、居酒屋でいう、美味しくて安い料理を作り、美味しいお酒を提供し、集客力をあげることに繋がるし。

コンサートでファンサをする事が、居酒屋のそういう心遣いにあたるなと。

いつも贔屓にしてくれているから、辛い時や疲れた時に、温かくもてなしてあげたいという心遣いというか、人間的な優しさというか。

タレントさんだってそう。ファンがいるから、成り立つ職業で、だからこそ、夢の世界にいる時は、夢の世界を存分に楽しませたい気持ちから、ファンサービスしてくれるわけで。



そりゃ、やらなきゃいけないからやるんだろうし、それに心が伴ってないこともある。

でも全てがそうとは限らないでしょ?





A.B.C.のみんなは、丁寧に一人づつファンサをくれるよね。

ちゃんと、自分にくれたんだって分かるファンサをくれる。

今日は貰えた、貰えなかった…と分かりやすく判別できる



ファンサもらって、擬似的なコミュニケーションをすることで、タレントの温度を感じるし、その人らしさを感じることができる。



本人たちがどういう気持ちでファンサをくれているのかわからないけれど、お客さんの顔を覚えてファンサをする事を大事にしている姿勢が、暖かいと思う。



それは、居酒屋さんでもてなしてくれるのと同じなのかな〜なんて、思ったり。

ただ、しなくちゃいけないからしてるファンサなのかもしれないけれど…

そう思いたいというかね。



少なくとも、戸塚さんがくれるファンサには温度があるというか…温度を感じる事ができる。

来てくれてありがとうの気持ちが伝わる

…様な気がする。

正確に言うと、貰う全てがそう感じるわけではないんだ。

でも感じる頻度は高い。





ま、居酒屋の誇りとタレントの誇りというのかな…。

大袈裟か。笑







それがサービス業といえばそれまでだけど。









仕事への誇りか…









今のあたしは誇りを持っていないし。

誇りをみつけたいな…とも思うけれど。

それ以前にクリアしなくちゃいけない問題が山積み。





20代に得なければならなかった経験を、今から取り返さなきゃだから…











ただ、今、そう感じているから。

間違ってるかもしれないけれど。

今の気持ちを記して残しておきたいから。

ここに残しておく。




ぱんだ語り / 19:29 / - / -
スポンサーサイト
- / 19:29 / - / -

<< Next   /   Prev >>

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>


WELCOME
TOTSULOG MENU

Twitterはじめました。 Twitterボタン
Twitterブログパーツ
new entries
link
categories
archives
sponsor
others
profile
COUNTER